カードローンの利用のメリットとデメリットについて

カードローンを利用するメリットが、担保や保証人を用意しなくても、必要な時にいつでも必要な現金を手軽に借りられるという事があります。
ただ、カードローンは契約の際に、審査内容や希望限度額を元に、業者がその人に合わせた限度額を設定していく事になります。
その為、利用は限度額の範囲内で行っていく事になり、無限に借りる事が出来るという訳ではありません。
それでも、いつでも必要な時に現金を借りる事が出来る状態になると、お金に困った時も落ち着いて対応をする事が出来るようになります。
そんなカードローンのデメリットとなるのが、利息の支払いです。
借りたお金を返済する時には、利息も合わせて返済していく事になります。
利息は、借入額と金利を元に計算していくというイメージを持つ人も多いでしょう。
そして、金利が低い銀行を選んでおけば、支払う利息は少なくて済むと考える人も多いでしょう。
ですが、利息は金利だけでなく、借入期間も大きく影響をしてきます。
金利は年率という形になっている事が多く、これは1年間借入をした場合に適用されるものです。
それよりも短い期間で完済すると、日割り計算となり、借入期間が短ければ短い程、支払う利息は少なくて済む事になります。
ですから、年率が低いからと、長期間借りているよりも、年率が高くても、短期間での完済を目指す事で、支払う利息を少なくする事が出来ます。
こうした利息の計算方法を覚えておくと、上手にカードローンを利用できる事になります。